歌手のオーディション

将来は歌手を目指しているけど、どのオーディションを受けたらいいか分からない、といった悩みを持っていないでしょうか?今回は歌手のオーディションを受けるうえで知っておくべきことやポイントなどをご紹介します。

まず音楽業界はレコード会社、プロダクション、音楽出版社の3つに分かれます。オーディションはこのうち主にレコード会社とプロダクションによって開催されます。歌手になるということはそれらの組織に所属し、仕事を行って収入を得ることです。

オーディションの形式はいろいろあります。ライブで歌やパフォーマンスを披露するライブ形式、オーディション会場で短い時間で歌を披露する形式や、オーディション番組への出演、また大手プロダクションの新人発掘オーディションなどがあります。

オーディションでは事前に提出した書類、自己PRそして実技などで評価が下されます。実技では自分に合った曲を選ぶのが望ましいです。自分の音域などを把握し、一番実力が発揮される曲を選びましょう。歌うときはクセの強い歌い方や真似などはせず、自分らしく歌いましょう。

オーディションに合格してもデビューのための育成の権利を得ただけです。慢心せず努力し続け、デビューを目指しましょう。

俳優のオーディション

俳優を目指すならオーディションは避けては通れない関門です。一体何を要求されるのか、養成所などに通っていないと分からないことだらけだと思います。ここでは俳優を目指す人がオーディションを受けるうえで注意するべきことなどを紹介します。

まず俳優というものは、事務所に所属することが一般的です。事務所に所属するのにもオーディションがあり、大手ともなるとその倍率は何百倍にもなります。また、映画やCM、ドラマなどの役を勝ち取るためにもオーディションを受ける必要があります。事務所に所属していれば映画やドラマの主役級のオーディションを受けることが出来ます。

オーディションを勝ち抜くには個性が重要になってきます。もちろん演技力なども重要ですが、自分が他人と違う長所を持っている、光るものがあることを見せつける必要があります。また、自分の受ける役が自分に合っているか、というところも非常に重要です。役者に近づけるように努力する必要があります。

オーディションの競争率は非常に高く、今現在活躍している俳優さんでもかつて何十ものオーディションに落ちた経験を持っています。大切なことは諦めずオーディションを受け続けることでしょう。